PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す地域密着型シェアオフィスの利用促進で、地域の知の交流を加速せよ!


宮城県

地域密着型シェアオフィスの利用促進で、地域の知の交流を加速せよ!

合同会社MMR

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

人が出会いワクワクが生まれ続ける、地域のシェアオフィスを作ろう!

「いのちめぐるまち」の取り組みを促進すべく開設したシェアオフィス。まだ知られていない施設の認知度を上げ、利用促進で地域内外の「知」が飛び交う空間を創出せよ。

このプロジェクトについて

■地域の若手経営者が設立した合同会社MMR
合同会社MMRは2016年に南三陸の地域資源を活かした地域課題の解決を目指して地元の森林経営、運輸会社、重機会社の若手経営者達が共同で設立しました。現在は南三陸町内のペレット販売事業を担い、ペレットストーブの普及や、木材を使ったコワーキングスペース事業をスタートさせています。このコワーキングスペースは、町の取り組みなどの情報を集め、事業者の交流拠点にすることで、価値創出や課題解決が促進されるように作られました。「いのちめぐるまち」の実現による地域課題解決に向け、日々、地域資源を活用した新しいビジネスの形を模索しています。

■オープンしたばかりのコワーキングスペースM-LABを発信!
MMRでは、今年度から木材を使ったコワーキングスペースをオープンしました。現在の入居者数は1社のみ。多くの人に知ってもらい、入居者や一次利用者による交流で新たなアイデアが飛び交うような環境整備をする必要があります。今回のインターンでは、利用規約、営業ツールの作成、M-LAB内での地域の情報集約と発信、また利用したくなるような環境のデザインと広報活動を担っていただきます。会社で例えると総務、広報などの業種を経験することができます。

■ユニークな経歴をもつ経営者の次のビジョンは新しいビジネスモデルの構築
合同会社MMR代表社員の佐藤太一は、地域に代々続く林業家12代目である一方でみちのく伊達政宗歴史館副館長、理学博士とユニークな肩書きをもっています。山形大学大学院で宇宙放射線物理の研究に取り組んでいた時に東日本大震災が発生し、それを機に南三陸で家業を継ぐ決心をしました。同じ志を持つ若き経営者達とともに、環境に配慮しながら地域の価値を上げる新しいビジネスモデルを構築できるよう、さまざまな取り組みにチャレンジしています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ PR・メディア建築・住・リノベーション
職種 マーケティング・広報デザイン
活動支援金 あり
仕事内容 【1週目】
<企業理解、情報収集>
●企業理解、地域理解、情報収集
●利用規約の提案と作成

【2週目】
<利用規約の作成、営業資料の作成>
●利用規約のブラッシュアップ
●広報資料の作成
●M-LAB内の環境デザイン

【3週目】
<広報資料のブラッシュアップ>
●M-LAB内の環境デザインの具現化
●広報資料のブラッシュアップ

【4週目】
<広報資料の作成>
●広報資料のブラッシュアップ
期待する成果 ・コワーキングスペースの利用促進のための広報活動、環境整備
・地域の情報が集まり閲覧できるポータルスペースの作成とまた来たくなる環境デザインの実施
得られる経験 ・利用規約作成等の場の運営に必要な環境整備の経験
・会社や施設の魅力を発信する広報の経験
・利用者が増加するような環境デザインとその具現化の経験
対象となる人 ・プロジェクト立ち上げと環境整備に興味のある人
・シェアオフィスやコワーキングスペースに興味がある人
・地域内での情報発信や広報活動に取り組みたい人
活動条件 【勤務期間】
2017年8月16日〜9月14日(前後数日、数日間の帰郷調整可)
【勤務頻度】
週5日以上(40時間/週)
【勤務時間】
8:00~17:00
【宿泊】
南三陸町宿泊・滞在が必須(※宿泊場所は受入地域で準備)


このインターンは復興庁の「復興・創生インターン」として行われます。
・家から現地までの交通費(1往復分)
・現地での宿泊費(全額)
・支援金(850円/日)
が支給されます。

また、事前・事後研修を東京にて予定しています。
活動場所 M-LAB
事前課題 各地域のシェアオフィスやコワーキングスペースの利用規約を最低5つ以上読み、特徴や共通点をまとめておく。

私たちはこんなチームです!

若手経営者たちの「いのちめぐるまち」への挑戦!

2016年に南三陸の地域資源を活かした地域課題の解決を目指して地元の森林経営、運輸会社、重機会社の若手経営者達が共同で設立。現在は南三陸町内のペレット販売事業を担い、ペレットストーブの普及や、地元木材を使ったコワーキングスペース事業をスタートさせている。「いのちめぐるまち」の実現による地域課題解決に向け、日々、地域資源を活用した新しいビジネスの形を模索している。

インターン生へのメッセージ

代表社員/佐藤太一

まちの取り組みを知り、本気の仲間に会い、自分の未来を考える。

南三陸のあらゆる地域資源を活用し、新たな産業創出を目指している会社です。具体的には木質バイオマスの活用事業で、木質ペレット販売・普及促進事業を行っています。南三陸で起こっている様々なプロジェクトや挑戦を知り、学び、発信する。さらに板倉造のシェアオフィス『MLAB』の空間デザインを考え、シェアオフィス・コワーキングスペースとしての価値の最大化を図ります。広報(地域取材、情報まとめなど)、空間デザインの経験を通して、地域の本当の豊かさに触れるまたとない機会となると思います。
共に南三陸の未来創造に挑戦しましょう。
皆様の参加をお待ちしています。

[プロフィール]
宮城県仙台市出身。実家は南三陸に代々続く林業家の12代目。山形大学にて宇宙放射線量の研究を行っていた時に震災が発生。震災がきっかけで家業を継ぐことを決意。みちのく伊達政宗歴史館副館長、理学博士の肩書きももつ。

団体概要

設立 2015年4月29日
代表者名 佐藤太一
従業員数 3名
資本金 120万円
売上高 1000万円