PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す新しい農のカタチ〜コレクティブインパクト型の農業担い手育成PJ


宮城県

新しい農のカタチ〜コレクティブインパクト型の農業担い手育成PJ

一般社団法人イシノマキ・ファーム

「農」とつながる「農」でつなげる。新しい、農業と人の関係性づくり

「人」と「農」が循環する仕組みづくり。_地域の課題解決につなげる第一歩を担う、ソーシャルファーム農業人材育成PJ立ち上げインターン募集!

このプロジェクトについて

今、日本の農業は岐路に立たされています。
農業従事者の高齢化や耕作放棄地の増加。これらの問題は、川と海と山に囲まれた自然豊かな北上町でも深刻化しています。

そんな中、北上町で「ソーシャルファーム」理念のもと、新規就農者の育成やファームステイによる農業の学びの場の提供・6次化による商品開発を行なっているのが「イシノマキ・ファーム」です。「農を通して地域、社会、そして自然とつながる」をコンセプトに自然農法と有機農法の手法を取り入れながら多くの農産物を生産しています。ビニールハウスもなく、除草剤や殺虫剤などの農薬も使わず、地域の若者たちの手で作り上げる農園は、真夏の炎天下の中や、秋の大雨のなかも、手作業で農作業を続け、安心安全な野菜を生産しています。

ときに、農業は、人びとのこころとからだを元気にする力があることをわたしたちは耳にします。うつ病をで職業を失った方が、太陽の下で体を動かし土に触れ、自分たちが育てたそして、自然の力で育った野菜を食することで、リカバリーしてきた人びとに出会ってきました。また、ひきこもりがちだった若者が、農作業を通じて自信を取り戻し、地域の農家の人びとと共に農業を職業として新しい一歩を踏み出した方もいらっしゃいます。わたしたちは、この農業に未来への活路を見い出し、人びとが地域で循環できる仕組みを地域のみなさんと一緒につくっていきたいと考えます。

そのような方々が一堂に会し、同じ目的に向かって力を合わせて作業することで、彼らが次の人生への第一歩を踏み出せるようになること。それが「イシノマキ・ファーム」の大きな目的です。

イシノマキ・ファームを訪れる多様な人々と地域農家が繋がりあい、双方にとってメリットのある仕組みで仕事をする、コレクティブインパクト型のあたらしい農のカタチを北上町で実践していくためのネットワーキングづくりを共に創り上げる立ち上げメンバーをお待ちしております!

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域農林水産・6次産業
職種 マーケティング・広報リサーチ・コンサルティング
活動支援金 あり
仕事内容 今回の実践型インターンシップで挑戦してもらいたいのは…「地域コミュニティにおけるコレクティブインパクト型事業実施のためのリサーチ、コミュニティづくり、広報 」

●STEP1【1週目】ソーシャルファームの活動と北上町での農業を理解し、課題をあぶりだす!
イシノマキ・ファームの理念やビジョンを農園での体験を通じて理解し、地域課題に取り組む準備をする。
●STEP2【2週目】地域の現状と、目指すべき将来のギャップを埋めるため徹底リサーチ!
地域のコミュニティに入っていき、農家の現状をヒアリングし、リサーチする。

●STEP3【4週目】リサーチを元に、地域農家さんとのネットワークづくり・アウトプットを考える!
得たデータをマッピングし、ファームを通じた農業人材派遣・育成のための土台づくり。
期待する成果 地域農家ネットワーキングづくりのためのヒアリングモデル構築、それに基づくマッピング、地域内外にむけた広報の提案
得られる経験 PJ立ち上げのためのプラットフォームづくりや地域に根付く仕組みづくりの立ち上げへ向けた実践的な経験。地域農家ネットワークの「見える化」のためのリサーチや地元に介入していくための試行錯誤。従来型でない「ソーシャルファーム」の理念に基づいた農業の現場を知ることができる。
対象となる人 地域課題解決にむけてのリサーチ力、地域にはいって関係性をつくるコミュニケーション力のある方。イシノマキファームで行なっている有機栽培やソーシャルファームの仕組みに興味関心のある方。
活動条件 【活動期間】8月19日〜9月15日

【勤務頻度】期間中 週5日以上 (その他、業務時間外に毎週研修があります)
【勤務時間】9:00〜18:00 (日によって変則となります。原則8時間以内です)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・東北内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)が支給されます。
・宿泊場所は現地で準備しております。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円が支給されます。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。

※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、
統括事務局の株式会社パソナ(担当:佐々木、武田 連絡先:03-6262-6340)、
プログラムの内容については各担当コーディネート団体までお問い合わせください。
活動場所 宮城県石巻市中央・北上町内
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

「農を通して地域、社会、そして自然とつながる」

石巻市内から車で15分ほどの北上川沿いに、「イシノマキ・ファーム」はあります。この農場は石巻周辺に居住する若者の中間就労の場として、また仮設住宅や復興住宅にこもりがちになってしまう無業者の方々のためにスタートしました。「ソーシャルファーム」の理念に基づき、一般の人も含めて多様な人々が互いを認め合い、「農」を通して皆が自分らしく働ける場を提供するとともに、きちんと利益を出して事業へ再投資する、持続可能なビジネスとしてのソーシャルファームを目指しています。

インターン生へのメッセージ

一般社団法人イシノマキファーム 代表理事/高橋 由佳

-農業を通じて地域資源を発掘する!

イシノマキ・ファームは、昨年8月に設立し、プロジェクトも始まったばかりです。この草創期のスタートアップに関われる時期は、まさに今しかありません。農業を通じてその地域を学び、このインターンを通じて「ひと」が最高の資本であることをぜひ実感してほしいと思っております。

[プロフィール]
二輪メーカーでモータースポーツ企画運営、自身もレーシングカートのワークスドライバーとしてレースに参戦。その後、教育分野・福祉分野の専門職を経て。2011年に障がい者の就労支援団体のNPO法人Switchを設立。そして、以前住んでいた石巻で再び新たな雇用の創出を目指し、2016年8月一般社団法人イシノマキ・ファームを成立。代表理事として半農半Xの日々を送っている。

団体概要

設立 2016年8月2日
代表者名 高橋 由佳
従業員数 4名
WEB http://www.ishinomaki-farm.com/
住所 宮城県石巻市北上町女川字泉沢13