PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探すHARIOランプワークファクトリー小高のアクセサリー認知度UPプロジェクト!


福島県

HARIOランプワークファクトリー小高のアクセサリー認知度UPプロジェクト!

HARIO ランプワークファクトリー 小高

「かわいい・手に職が就く・収入と仕事量の選択」がキーワードです

女性にとって魅力的な仕事と職場環境を創出したい。「避難指示が解除されても高齢者ばかり」と思われている町に、女性が働く風景を生み出したい。それが日常となり、住民の気持ちが明るくなることを期待します!

このプロジェクトについて

■特徴1:小高で、女性に魅力的な仕事と働きやすい環境を創出しています
南相馬市小高区は、福島第一原子力発電所から約10~20kmに位置し、東日本大震災に伴う原発事故で全住民が避難指示の対象となった地域です。2016年7月12日、5年4ヶ月ぶりに避難指示が解除され、ようやく住民の帰還が始まりました。
その一方で、想定される極端な人口減少・超高齢化に地域の未来が見通せない現状がありました。特に若者が帰還を考える上での問題点として、「小高区に働ける場所」がないことが挙げられました。そんな課題に対し、特に女性に魅力的な仕事と働きやすい環境を創出すべく、小高ワーカーズベースはHARIOランプワークファクトリー社とライセンス契約を締結し、『HARIOランプワークファクトリー小高』を設立致しました。

■特徴2:手加工にしかできないガラス商品を作っています
HARIO ランプワークファクトリーでは、ガラス職人(ランプワーカー)がひとつひとつ丹念に手加工でガラス商品をつくっています。親会社であるHARIO社は1921 年より90 年の間、ガラスを作ってきました。創業当時はワーカーがひとつひとつ 手作業により、理化学器具や食器を作っていました。のちに機械による製造を進化させ、今では工場の中に人の姿も少なくなりました。HARIO社は今、再び原点に立ち返り、ワーカーが丹念に作った作品をお届けしたい、また手加工の技術を次の世代に残したい、そんな思いでこのブランドをたちあげました。私達HARIOランプワークファクトリー小高も、その思いを形にする一員として、限りなくピュアな素材「耐熱ガラス」に新たな命を吹き込んでまいります。

■特徴3:手加工ならではの柔らかいシルエット&お手頃価格で若い女性に注目されています
ランプワーカーによりひとつひとつ丁寧に作られるピアスやネックレスは、手加工ならではの曲線美が女性らしさを現してくれます。値段もお手ごろなので若い女性に人気ですし、男性はプレゼントに最適です。現在の販売方法はオンライン販売、工房兼Gallery Shopでの販売、県外でのイベント出店などです。福島県内、特に首都圏の若い女性の方に知ってもらい、HARIOランプファクトリーのファンコミュニティを作りたいと考えています!

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域ものづくり
職種 マーケティング・広報職人・ものづくり
活動支援金 あり
仕事内容 HARIOランプファクトリー小高が製作しているアクセサリーに対して、認知度UPを図るための企画を立案し、実践する。

【ステップ1】
●震災から現在までの、南相馬市小高区ならびにHARIOランプファクトリー小高のさまざまな取り組みについて理解する。
●工房兼ギャラリーで実際に制作している現場を見学し、これまでの販路・販売実績を理解する。

【ステップ2】
●福島県内および福島県外で、現在どのくらいの認知度があるのかを調査する。
●その調査法についても考える。
●認知度を上げるため、誰に対して何をどのように発信していけばいいかを考察する。
●仮説を立て、具体的な戦略を作成する。

【ステップ3】
●認知度UPにつながる具体的な戦略を実行する。
●認知度UPしているか検証する(その検証法についても考える)。
期待する成果 ・認知度UPにつながる、実績に基づいた手段の提案(営業資料の作成や、SNS投稿の仕組みなど)
・ランプワーカーさんたちが認知度が上がったと実感できること
得られる経験 ・商品の作成~販売にかかる戦略を作成する経験
・復興を目指す地域の産業づくりに携わる経験
対象となる人 ・課題に対してPDCAを繰り返しながら主体的に取り組める人
・チームを組んで目標達成に取り組める人
・ランプワーカー(主婦)の方々とコミュニケーションが取れる人
活動条件 【勤務頻度】
週5日以上(40時間/週) ※応相談

【勤務時間】
9:00~18:00(※基本はこの時間ですが、実際は日によって様々)

【宿泊】
南相馬市小高区での宿泊・滞在が必須(※宿泊場所は企業側で準備)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・東北内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)が支給されます。
・宿泊場所は現地で準備しております。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円が支給されます。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。

※プログラムの内容については担当コーディネート団体(一般社団法人Bridge for Fukushima)までお問い合わせください。
■一般社団法人Bridge for Fukushima
■mail:info@bridgeforfukushima.org
■tel:024-503-9069
活動場所 ・福島県内全域(イベントにより仙台や首都圏の日もあり)
・HARIOランプワークファクトリー小高
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

女性に魅力的な仕事と、働きやすい環境を。

南相馬市小高区は、2016年7月12日の避難指示解除が予定されました。解除以前から想定されはいましたが、極端な人口減少・超高齢化に地域の未来が見通せないのが現状です。そこで株式会社小高ワーカーズベースがHARIOランプワークファクトリー社とライセンス契約を締結し、特に女性に魅力的な仕事と働きやすい環境を創出すべく、『HARIOランプワークファクトリー小高』を設立致しました。「かわいい」「手に職が就く」「収入と仕事量の選択」といったキーワードに魅力を感じた女性たちが小高区に集い、生き生きと働く。小高区にそのような風景を創出し、再生への一助となることを目指します。

インターン生へのメッセージ

代表/和田智行

我々の故郷は原発事故により避難指示区域となり、全住民が避難を強いられました。しかし、そんなネガティブにみられる地域に、7人の女性が通い、魅力的なガラスアクセサリーを毎日生み出しています。働き方も多様です。毎日のように出勤する人もいれば、週に1日出勤するかどうかという人もいます。1日6時間以上働く時もあれば、1~2時間の時もあります。乳飲み子を後ろに寝かせて働く人もいます。ネガティブに見られがちな地域で、先進的な働き方を実現している理由はなんなのか。仕事や暮らしの本質にも触れる機会になるかと思います。皆さんのご応募をお待ちしております!

[プロフィール]
福島県南相馬市小高区生まれ。
東日本大震災では自宅が警戒区域に指定され家族とともに避難生活を送る。2014年避難区域初のコワーキングスペース「小高ワーカーズベース」事業を開始。その後、震災後では小高区初となる食堂「おだかのひるごはん」や仮設スーパー「東町エンガワ商店」、ガラスアクセサリー工房「HARIOランプワークファクトリー小高」をオープンするなど、住民帰還の呼び水となる事業の創出に取り組む。2015年12月「ふくしまベンチャーアワード2015」特別賞受賞。2017年 2月 復興庁「新しい東北」復興・創生顕彰 団体部門受賞。

団体概要

設立 2015年8月1日
代表者名 和田智行
従業員数 社員1名・ランプワーカー7名
資本金 250万円
売上高 400万円
WEB http://owb.jp
住所 福島県南相馬市小高区東町1-1