PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す“お茶屋さん”家業のWEBマーケティングプロジェクト


石川県

“お茶屋さん”家業のWEBマーケティングプロジェクト

田尻虎蔵商店

企業を焙煎するのはキミだ!

創業71年の卸し専門のお茶屋-田尻虎蔵商店。世代交代を迎えた今、B to Cにも注力していくべく、第一歩としてWEBショップでの新しい取り組み”マイブレンドティー”のマーケティングに挑戦します!

このプロジェクトについて

【先代から受け継がれる“お茶屋家業”の歴史】
祥玉園-田尻虎蔵商店。少し印象的な名を持つお茶屋の歴史は、戦後に遡ります。
まだ戦後の混沌とした中で、身寄りのなかった先代・田尻虎蔵に、
当時の軍の上官が京都の茶商である祥玉園を紹介したことがキッカケでした。

それから71年後の現在、月日は流れ、場面は石川県能登半島にある和倉温泉に移ります。
みなさんは、しょっぱい、塩味のする温泉に入ったことはありますか?
海から湧き出る独特なお湯を求めて多くの観光客がやってきます。その数、年間80万人以上。そんな和倉温泉の旅館では、田尻虎蔵商店で焙煎されたほうじ茶が昔から愛用されてきました。

長い月日の間に、旅館が姿形を変えてきたように、それらと共に歩んできたお茶屋も時代の変化に合わせ新しい一歩を踏み出そうとしています。その動きが、今回のインターンプロジェクトにつながっていきます。


【“お茶の卸”家業が挑戦する2つの脱却】
これまで田尻虎蔵商店では、お茶の卸を専門で取り扱ってきました。
古くからの繋がりが活きている一方、 経営体質が旧態依然という現状もあります。
また、時代の流れに従って、お店を取り巻く環境も変化してきました。

そして今、30代の後継者へと世代交代が迫るこのタイミングを機に、
従業員数4名という小規模な「家業」の中では長年変えられなかったことを、
変えていく決断をしました。

<お茶の卸からの脱却-“B to B” から “B to C” への挑戦>
■WEBショップ商品コンテンツの充実化
-「マイブレンドティー」のマーケティング検証
-「マイブレンドティー」の実用化
-パッケージシールの自社製作システム導入

<旧態依然の経営体質からの脱却>
■業務改善
-生産システムの改善と生産性の向上
-新しい人材登用(インターン生含む)
-WEBを活用したプロモーションの開始 など


【一歩目:インターン生の登用】
これまで変わらなかったものは、変えづらかったものです。
指摘されるのが嫌だった、分かっていたが対策が分からなかった、
そもそも気づかなかった、、、様々な理由があるはず。ではどう改善点をあぶり出すか?
「大学生が持つ感覚と、行動力」を活かそうと考えています。

WEBマーケティングといっても、リアルな活動も交えた地道な試行錯誤をたくさん積み重ねるしかありません。その取り組みだけに集中して動けるスタッフはこれまでいませんでした。担当者として大学生インターンを投入することで、新しい気付きに出会えると考えています。

小さな家業の中で大きな権限を持って、積極的に動ける大学生をお待ちしています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ 地域食・ライフスタイル
職種 企画・商品開発マーケティング・広報
活動支援金 あり
仕事内容 【STEP1「田尻虎蔵商店を知る」】
最初は工場研修を通じて、
お茶が作られる過程や田尻虎蔵商店の1日の仕事の流れを知りましょう。
どんな人がどんな動きや仕事をしているのか?顧客は誰?など、
まずは基本的な情報をインプットしていきます。

【STEP2「マイブレンドティー商品化に向けたマーケティング」】
▶市場調査
▶新HPで情報発信 →「お茶のある暮らし」「お茶の使い方」など。
それらに対する反応などからターゲットやニーズをつかみます。

【STEP3「”マイブレンドティー”実用化に向けて」】
▶コンテンツ化のための素材集め(写真など)
▶パッケージシールのデザイン~貼るまでのシステム化

【STEP4「業務改善」】
▶社内会議の開催
→STEP2~3に取り組む中で見えてきた社内の課題を洗い出し、問題意識を共有。
▶解決策を立てる→実施→フィードバック→改善のサイクルで、課題解決を図る。

【STEP5「引継ぎと社内報告会」】
・インターンで進めてきた改革/改善が、インターン後もシステムとして継続して活かされるよう引継ぎを行います。
・インターン生という外の視点や立場を最大限生かした社内向け成果報告会を行います。
期待する成果 ▶“マイブレンドティー” コンテンツの検証と実用化
-ターゲット調査
-テストマーケティング
▶パッケージシールの社内導入
▶日々の情報発信
▶ノウハウの可視化と引継ぎ
-社内報告会の実施
-マニュアル等の作成
得られる経験 ・複雑な情報を整理する力
・短期間で課題発見から解決までのプロセスを経験できる
・聞く力(想いや必要な情報を引き出す)を養う
・家業ならではの課題や面白さを知る
・状況を冷静に捉えて、客観的に物事を判断する力
対象となる人 ・自身も家業を継ぐ可能性のある人
・これからの家業が目指す姿を経営者と考えてみたい
・地域のブランド化に興味関心がある
・家業の新しい挑戦に携わってみたい
・沢山の情報を管理したり整理する力を身に付けたい
・人の気持ちに寄り添いながら物事を進めていく力をつけたい
活動条件 休暇中 週5日以上
学期中 週3日程度
宿泊施設あり
※インターンハウス 月額1.5万円(水道光熱費、自炊用食費込の共同生活)
活動場所 田尻虎蔵商店/石川県七尾市和倉町

私たちはこんなチームです!

こだわりの自家焙煎!

能登は心のふるさと。 訪ねる人をあたたかく、つつみこんでくれます。
一服のお茶にも、やさしい心尽くし・・・。
昔、能登地方の庄屋では自家消費分のお茶の木を庭先に植え、それぞれの味を楽しんできました。又、能登を訪れる旅人に、一服のお茶にも温かみのある人情とこまやかな心づかいでもてなしてきました。中でも、釜焙り棒ほうじ茶「能登かおり」は茎部を使い念入りに釜で焙り、能登ほうじとして味・香り・コクに優れ好まれております。 焙ったほうじ茶をすぐにお客様に提供できるのは、自家焙煎だから出来ること。

インターン生へのメッセージ

3代目/田尻大輔

今までは、アナログな仕事の仕方が引き継がれてきてしまったため、1人に対しての仕事の負担が大きく、効率や生産性の悪い経営状況が続いてきました。この先、叔父からお茶屋を引き継いだ後は、さらに色々なことに取り組んでいきたいと考えています。そのためも、そしてお茶屋を今後も守っていくためにも、これまで受け継がれてきた”大事なこと”を守りつつも、時代に合わせた変化が必要だと感じています。想いに共感し、田尻家にズバッと切り込んでくれる学生をお待ちしています!!

[プロフィール]
大学卒業後、静岡のお茶問屋で2年間修行をする。
その後25歳の時に田尻虎蔵商店に入社。
当初は事業の1つであった寿司店舗で職人を務め、
39歳となる現在はお茶店舗をはじめ他事業の経営にも携わっている。

団体概要

設立 1946年
代表者名 田尻大輔
従業員数 準備中
WEB http://torazo.jp/